CHECK

屋外ならどこでも使える!災害時に役立つ衛星電話に関する知っておくべき情報を紹介

こちらのサイトは、屋外環境下ならどこでも利用できるといわれている衛星電話に関する情報をご紹介しています。
屋外環境下の中では、繋がりにくい場所もあるので注意が必要です。
災害時に役立つ存在になってくれるけれども、必要となる場所で使えるのか、これは事前に確認しておくと安心に繋がります。
しかし、その確認方法はどのようにすべきか分からない人も多いといえます。
必要な場所で使えることを確認する方法などもご紹介しているので参考されると良いでしょう。

屋外ならどこでも使える!災害時に役立つ衛星電話に関する知っておくべき情報を紹介

衛星電話はIP無線機と比較される人が多いようですが、近年衛星電話はIP無線機と同じく災害時に有効活用できるなどの理由から注目を集めています。
そもそも衛星電話とは何を指すのか分からない人もいるかと思われますが、これは通信手段の一つであり通信用の人工衛星を直接経由して音声やデータ通信を可能にする携帯電話機や通信サービスの総称です。
主に、自動車・船・航空機など業務利用が行われていますが、小型軽量化が行われた携帯電話タイプもあります。

通信機器としての衛星電話のシステム

衛星電話という名前を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
これは一種の通信手段であることは誰にでも分かることですが、そのシステムに関してはあまり知られていません。
衛生と聞くときっと特別なもので、一般の人には関係のないものだと思う人もいます。
通信機器としてのシステムを簡単に述べれば、人工衛星を経由して音声やデータ通信を行う機器ということができるでしょう。
一般の人たちには無関係と言うわけではなく、この現代ではサービスは携帯電話などにもあります。
衛星電話自体は主に自動車や船舶、航空機といった業務で使用されていますが、今は一般の方にも利用できるサービスになりました。
それでは衛星電話のメリットはいったい何かと言えば、人工衛星を利用することで広域エリアをカバーできるという点に優れていることから、国際的な通信が可能になるということになります。
近年ではインターネットなどといったデータ通信も行うことが可能となりました。

衛星電話と一般的な携帯電話の違い

衛星電話と一般的な携帯電話の違いは、電波を介する施設です。
携帯電話は地上にある基地局を経由して通信を行いますが、衛星電話は宇宙空間にある通信衛星を介して電波の送受信を行うという特徴があります。
そのため、海や山など近くに基地局がない場所でも衛星電話であれば通話することが可能です。
加えて、電波を介する衛星は宇宙空間にあるため地震などの自然災害の影響を受けない、衛星を管制する基地局が複数存在して相互にバックアップする体制が整っている、といった点から災害時に強いというメリットもあります。
ただし、衛星電話を使用する際は電話機のアンテナを衛星方向に正しく向けなければなりません。
正しくアンテナを向けた場合でも、電話機と衛星の間に建物などの障害物がある場合は通話できないので注意が必要です。
また、屋内で利用する場合は、屋外に送受信用の専用アンテナを設置する必要があるため、導入に手間とコストがかかります。
しかし、国や地域を超えた広い範囲で通話できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

衛星電話の利用目的は携帯電話が使えない環境

衛星電話はあまり一般的ではありませんが、その利用目的といえばやはり携帯電話が使えない、電波が届かない環境における通話ではないでしょうか。
一般的な携帯電話も電波によって地球の裏側の人とも通話ができるようになっていますが、それは電波が届く範囲内にいる場合です。
都市部だと電波を中継する設備がいたるところに設置されているので、余程場所が悪くない限りは通話可能です。
一方、衛星電話が活躍するのはジャングルの奥深くなど、通常だと人が足を踏み入れないような場所です。
衛星電話は文字通り衛星を経由して通話ができるので、山奥のような環境でも電話を使うことができます。
利用目的は様々ですが、例えば長期に及ぶ調査の際の連絡手段だったり、災害が発生していて携帯電話が通じないような場所での救助活動などです。
いずれにしても多くの人にとっては必要ないものですし、日本だと都市部でなくても必要性は殆どありませんが、特殊な環境や未開の地に出向く際には一転してなくてはならないのではないでしょうか。

衛星電話はリアルタイムの通話ができないことを理解しておく

衛星電話は、通信機能を備えた人工衛星と電波のやり取りをすることで通話ができる仕組みのことです。
通常の携帯電話は地上に基地局が設置されていて、その基地局と電波のやり取りを行いますが、衛星電話ではこのような地上の基地局は関係がなく、地上3万6千キロメートルの上空で地球を周回する人工衛星が用いられます。
どうしてこの高度なのかと言えば、地球の自転周期と同期させることができるので、地上から見ると上空で静止しているように見えるためです。
この高度はかなりものもので、国際宇宙ステーションがせいぜい高度400キロメートル程度であることと比較すると一目瞭然ですし、月までの距離の10分の1にも相当するくらいに地球から離れています。
この距離になると、電波でも多少の時間がかかり、普通の電話のようなリアルタイムとはなりません。
往復7万キロメートル以上なのですから、電波でも0.2秒以上必要であり、はっきりと分かるくらいに遅れが生じます。

衛星電話に関する情報サイト
衛星電話に関する情報

こちらのサイトは、屋外環境下ならどこでも利用できるといわれている衛星電話に関する情報をご紹介しています。屋外環境下の中では、繋がりにくい場所もあるので注意が必要です。災害時に役立つ存在になってくれるけれども、必要となる場所で使えるのか、これは事前に確認しておくと安心に繋がります。しかし、その確認方法はどのようにすべきか分からない人も多いといえます。必要な場所で使えることを確認する方法などもご紹介しているので参考されると良いでしょう。

Search