CHECK

屋外ならどこでも使える!災害時に役立つ衛星電話に関する知っておくべき情報を紹介

こちらのサイトは、屋外環境下ならどこでも利用できるといわれている衛星電話に関する情報をご紹介しています。
屋外環境下の中では、繋がりにくい場所もあるので注意が必要です。
災害時に役立つ存在になってくれるけれども、必要となる場所で使えるのか、これは事前に確認しておくと安心に繋がります。
しかし、その確認方法はどのようにすべきか分からない人も多いといえます。
必要な場所で使えることを確認する方法などもご紹介しているので参考されると良いでしょう。

屋外ならどこでも使える!災害時に役立つ衛星電話に関する知っておくべき情報を紹介

衛星電話はIP無線機と比較される人が多いようですが、近年衛星電話はIP無線機と同じく災害時に有効活用できるなどの理由から注目を集めています。
そもそも衛星電話とは何を指すのか分からない人もいるかと思われますが、これは通信手段の一つであり通信用の人工衛星を直接経由して音声やデータ通信を可能にする携帯電話機や通信サービスの総称です。
主に、自動車・船・航空機など業務利用が行われていますが、小型軽量化が行われた携帯電話タイプもあります。

通信機器としての衛星電話のシステム

衛星電話という名前を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
これは一種の通信手段であることは誰にでも分かることですが、そのシステムに関してはあまり知られていません。
衛生と聞くときっと特別なもので、一般の人には関係のないものだと思う人もいます。
通信機器としてのシステムを簡単に述べれば、人工衛星を経由して音声やデータ通信を行う機器ということができるでしょう。
一般の人たちには無関係と言うわけではなく、この現代ではサービスは携帯電話などにもあります。
衛星電話自体は主に自動車や船舶、航空機といった業務で使用されていますが、今は一般の方にも利用できるサービスになりました。
それでは衛星電話のメリットはいったい何かと言えば、人工衛星を利用することで広域エリアをカバーできるという点に優れていることから、国際的な通信が可能になるということになります。
近年ではインターネットなどといったデータ通信も行うことが可能となりました。

衛星電話と一般的な携帯電話の違い

衛星電話と一般的な携帯電話の違いは、電波を介する施設です。
携帯電話は地上にある基地局を経由して通信を行いますが、衛星電話は宇宙空間にある通信衛星を介して電波の送受信を行うという特徴があります。
そのため、海や山など近くに基地局がない場所でも衛星電話であれば通話することが可能です。
加えて、電波を介する衛星は宇宙空間にあるため地震などの自然災害の影響を受けない、衛星を管制する基地局が複数存在して相互にバックアップする体制が整っている、といった点から災害時に強いというメリットもあります。
ただし、衛星電話を使用する際は電話機のアンテナを衛星方向に正しく向けなければなりません。
正しくアンテナを向けた場合でも、電話機と衛星の間に建物などの障害物がある場合は通話できないので注意が必要です。
また、屋内で利用する場合は、屋外に送受信用の専用アンテナを設置する必要があるため、導入に手間とコストがかかります。
しかし、国や地域を超えた広い範囲で通話できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

衛星電話の利用目的は携帯電話が使えない環境

衛星電話はあまり一般的ではありませんが、その利用目的といえばやはり携帯電話が使えない、電波が届かない環境における通話ではないでしょうか。
一般的な携帯電話も電波によって地球の裏側の人とも通話ができるようになっていますが、それは電波が届く範囲内にいる場合です。
都市部だと電波を中継する設備がいたるところに設置されているので、余程場所が悪くない限りは通話可能です。
一方、衛星電話が活躍するのはジャングルの奥深くなど、通常だと人が足を踏み入れないような場所です。
衛星電話は文字通り衛星を経由して通話ができるので、山奥のような環境でも電話を使うことができます。
利用目的は様々ですが、例えば長期に及ぶ調査の際の連絡手段だったり、災害が発生していて携帯電話が通じないような場所での救助活動などです。
いずれにしても多くの人にとっては必要ないものですし、日本だと都市部でなくても必要性は殆どありませんが、特殊な環境や未開の地に出向く際には一転してなくてはならないのではないでしょうか。

衛星電話はリアルタイムの通話ができないことを理解しておく

衛星電話は、通信機能を備えた人工衛星と電波のやり取りをすることで通話ができる仕組みのことです。
通常の携帯電話は地上に基地局が設置されていて、その基地局と電波のやり取りを行いますが、衛星電話ではこのような地上の基地局は関係がなく、地上3万6千キロメートルの上空で地球を周回する人工衛星が用いられます。
どうしてこの高度なのかと言えば、地球の自転周期と同期させることができるので、地上から見ると上空で静止しているように見えるためです。
この高度はかなりものもので、国際宇宙ステーションがせいぜい高度400キロメートル程度であることと比較すると一目瞭然ですし、月までの距離の10分の1にも相当するくらいに地球から離れています。
この距離になると、電波でも多少の時間がかかり、普通の電話のようなリアルタイムとはなりません。
往復7万キロメートル以上なのですから、電波でも0.2秒以上必要であり、はっきりと分かるくらいに遅れが生じます。

衛星電話は国境を気にしないで使うことができる

衛星電話は衛星で電波を中継し通話機器同士を直接接続する方法であるため、様々な中継による弊害がないのがポイントとなっています。衛星の電波が対応することができる場所であれば、国境を問わずに利用することができるのが特長です。
一般的な電話の場合にはサービスを提供する事業者が国内での対応しか行っていないため、この端末を海外に持っていっても直接は利用することができません。最近では国境を越えても超えてもサービスが現地のものと提携されており、違和感なく通話することができると言う場合も多いのですが、これはあくまでもそれぞれの会社のサービスとなっているため、今日を超えた場合には中継料金が発生したり、場合によっては接続できないと言うことも多いものです。衛星電話では地球の周りを飛んでいる衛星から電波を地上に向けて送り出すと言う仕組みとなっているため、空中ではその国ごとの様々な規制が及ばないことが多く、そのためその電波が届く範囲であれば地球上のどこでも利用することができるものとなっています。

衛星電話には基地局という概念がない

携帯端末で連絡を取り合う際は、陸上に設置した無線局である基地局を介して通信します。一方衛星電話の場合は、陸上に設置した無線局ではなく、人工衛星を介して通信をします。したがって衛星電話には基地局という概念がありません。その主な用途は僻地や海上でも、あるいは地震で陸上に設置した無線局の機能が失われても通信可能なため、災害などで役立ちます。
人工衛星は静止衛星と周回衛星とがあり、少ない数であらゆる地域をカバーする点で静止衛星はすぐれていますが、音声の遅れが大きいというデメリットがあります。その点周回衛星は静止衛星より高度が低く、多くの数で全地域をカバーするため通話の遅れは小さくて済みます。また端末の小型化や携帯化に効果的なのも周回衛星です。いずれの方法にせよ衛星電話での通信には陸上に設置した無線局は使用しません。その特殊性もあってか、通話料やデータ通信料は高い傾向にあります。その一方で一般化への計画も進んでいます。

衛星電話の通信サービスの種類とその違い

衛星電話は通信人工衛星を直接経由することで、音声通話やデータ通信を行う携帯電話機または通信サービスを指します。現在国内で利用できる衛星電話は、インマルサット・イリジウム・ワイドスター・スラーヤの4種類であり、通信衛星を使用した音声通話およびデータ通信を提供する点では共通していますが、人工衛星の特徴や対応する端末の違いにより利用できるエリアや機能に違いがあります。
インサルマットは衛星電話同士の通話や、スマートフォンや固定電話への通話の両方が地上にある地上局を介して通話が行われます。イリジウムと比較してデータ通信が速く電池の持ちが良い特徴がありますが、衛星の軌道が高度であるため音声の品質は少し低下します。ワイドスターは日本上空をトンでいる静止衛星で、日本国内の通話向けサービスです。追加料金を支払えば海外との通話も可能ですが、基本的には国内通話の利用が基本です。
スラーヤは中東発の衛星で、アメリカを除く全世界と通話を行えることが最大の特徴です。ただし日本国内の一部エリアでは使用が禁止されているので、事前に確認を行いましょう。イリジウムは様々な軌道で動く非静止衛星を利用した通話が行え、イリジウム電話同士の通話は地上局を介さず通話が行える特徴を持っています。

衛星電話なら海上でも問題なく使うことができる

衛星電話は地球上のあらゆる場所でコミュニケーションがとれるように、地上数百~3.6万kmの衛星通信を利用しているサービスです。衛星電話の特徴の1つとして、世界のほぼ全域をカバーしていることにより、地球上のどこからでも通信することができることにあります。通常の固定電話や携帯電話では海上からの電話が難しいのに対し、このシステムならば本来通信網が整備されていない海上で通信手段となるため、衛星電話が採用されています。また、通信手段が途絶えてしまっている災害現場においても非常用通信手段として利用される機会が増えてきています。
現在日本国内で使用することが可能な衛星電話は、インマルサットとワイドスター、スラーヤにイリジウムの4種類があり、それぞれ音声の品質やデータ通信の速度、FAXや映像伝送機能の有無、日本国内の一部エリアで使用が禁止されている場所があるなど、それぞれ特徴が異なるので目的に応じて選ぶ必要があります。

衛星電話は天候が悪いと通じにくい

電話というと、今ではスマートフォンや光電話を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。電話の種類としては、衛星電話も注目されています。
衛星電話は、災害時に有効利用できるもので通信用人工衛星を直接経由して、音声のデータ通信を行うサービスです。自動車や船舶、航空機な業務利用にも役立てられています。広い範囲をカバーできるので、国や地域を超えた通信も可能になります。衛星は宇宙空間にあることもあり、地震や津波などの自然災害の影響も心配ありません。
衛星電話は良いところもたくさんありますが、デメリットや欠点もありますのでそのことも理解しておきましょう。まず、天候に左右されやすいという特徴があります。ビルなどの閉ざされた場所でも通じにくくなることもありますし、通信ではないので、緊急性が必要なときには向いているとはいえません。屋内利用時にはアンテナの設置も必要になりますし、通信料が高額になるということも知っておきたいものです。

衛星電話を提供している企業とその特徴

衛星電話とは、今の通信網とは異なり次世代の電話になるといわれています。
地上にある基地局で通信するのではなく、衛星を使っての通信となるので災害時にも電話やネットの通信が遮断される心配がありません。
災害対策として衛星電話は有効であり、これからますます普及していくことも考えられます。
衛星電話を主に提供している企業の特徴とは、顧客満足を第一として掲げどんな状況下でも安定的な通信を提供できるように、社会貢献の一つとし実践している企業が多いです。
社会貢献するこことでその企業イメージもアップし、信頼性が担保されるので売り上げにも大きく貢献することが期待されます。
しかしながら衛星電話は、まだまだ普及しているものではなくそれを本格的に導入するには、非常に多くのコストがかかってしまうのも事実です。
まだ使用は緊急時や災害時、船舶などの海上などに限定されており、本格的な導入にまでは至ってはいません。
だが将来を見据えて、先回りして投資している企業も中にはあります。

衛星電話なら住民のいない山中でも問題なくつながる

日本でも、様々なメリットを持つ衛星電話が話題になっています。
衛星電話は世界中で使われている通信手段で、人工衛星を経由してデータや音声の通信を行うサービスです。
自動車や航空機、船舶などの業務利用が多く専用端末やアンテナを搭載して利用されています。
衛星電話には様々な特徴があり、広域エリアをカバーでき山中でも使えます。
衛生は宇宙空間にあり、津波や地震など地上の影響を受けないので災害時も安心です。
衛生を管制する複数の基地局が地上に存在するので、万全のバックアップでサポートできます。
衛星電話は簡単に通信拠点を移動でき、短期間に拠点を設置して撤去や追加も容易です。
人工衛星を利用する方法なので、国や地域に関係なく広い地域の通信を実現します。
日本では様々な衛星通信サービスがあり、用途に合わせて必要なサービスを選択できます。
衛星通信を利用できる小型の携帯電話があると、緊急時のコミュニケーション手段にも活用できるので便利です。

衛星電話の通信拠点は地上にないから地震に強い

現代では、全国各地でさまざまな自然災害に見舞われています。
万が一地震が発生した時に通信手段が寸断されないか不安に感じている人や企業も増えてきているのです。
そのような心配を払拭してくれると期待されているのが、衛星電話です。
衛星電話の通信拠点がある場所は地面にはないため、地震が起きても比較的安心といえます。
そのため、消防署や警察署、家族や友人等に連絡を取りたい時でもすぐに電話をかけることが可能です。
また、衛星電話の拠点は頑丈で水にも強いため、突然の大雨にも対処できます。
どのような災害が起こったとしても、スムーズに通信手段を確保することが可能です。
場所の正確な特定からスピーディーな緊急通報まで、あらゆる角度からサポートしてもらえるサービスとして、絶大な信頼を寄せられています。
このように、本格的な通信拠点を維持する衛星電話は、非常に便利で役立つアイテムといえます。
これからも災害対応の際に活躍することとなるのです。

個人でも契約できる衛星電話の種類

衛星電話を利用する上での最大のメリットは、何と言っても通話可能範囲が広大で、何処に居ても一定のサービスで世界中の人と通話できることです。
また、固定電話や携帯電話とは違って地上設備を少なく済ませられる点も魅力の一つです。
具体的には上空に衛星を飛ばして独自に電話網を構築させますので、国際電話通話網としての役割や地上電話通話網に障害が発生した時のリカバリーを可能にしてくれます。
その中でもイリジウム衛星を利用した衛星電話サービスを提供する業者が日本にも幾つか存在していますが、法人向けだけでなく個人向けのサービスも用意されています。
特に個人の場合、携帯型の衛星電話をレンタルで利用するケースが非常に多く、緊急性の高い事案が発生した時には相当な威力を発揮しますので、ビジネスでもプライベートでも万が一の備えに最適です。
その為、衛星電話通信網は今も拡大し続けていて、サービス内容も充実度が高まっている状態です。

衛星電話の契約方法やサービスの違い

衛星電話は通信用の人工衛星を直接経由することで、音声のやり取りやデータ通信を行うことが出来る通信手段のことです。
衛星電話の使用用途として多いのは自動車や、船舶や航空機などの業務を行う際にアンテナや通信が出来る端末を搭載することで使用しています。
日本は災害が多く発生する国で緊急時の有効な通信手段として、衛星電話は注目されています。
日本で衛星電話を使用する場合にはいくつかの種類があり、自分の希望に合った方法を選択することが出来ます。
日本で使用出来るのはインマルサットやワイドスターやスラーやイリジウムで、静止衛星と非静止衛星という違う方法をそれぞれがとっています。
日本国内での通話向けのサービスや全世界との通話を行うことが出来るものや、データ通信の速度などそれぞれに特徴があります。
契約するにはサービスを提供している、通信会社での申込みが必要です。
興味があるという人はそれぞれの特徴をよく確認して、通信会社へ一度問い合わせてみてはいかがですか。

衛星電話に関する情報サイト
衛星電話に関する情報

こちらのサイトは、屋外環境下ならどこでも利用できるといわれている衛星電話に関する情報をご紹介しています。屋外環境下の中では、繋がりにくい場所もあるので注意が必要です。災害時に役立つ存在になってくれるけれども、必要となる場所で使えるのか、これは事前に確認しておくと安心に繋がります。しかし、その確認方法はどのようにすべきか分からない人も多いといえます。必要な場所で使えることを確認する方法などもご紹介しているので参考されると良いでしょう。

Search